「地域貢献型メガソーラー」に注目!

自然環境に配慮した製品の開発など、社会に積極的に貢献する企業が注目されています。これからの時代を生き抜くためには、自社の利益を追求するだけでなく、地域の発展を願い、ともに成長することが望まれます。それを形にできる具体例として「メガソーラーの導入」があります。

ソーラーパネルシステムを設置するためには、日当たりのいい場所、まわりに日射しを遮るような物体がないなどが挙げられます。そのような条件を満たす場所として、工業団地は理想的です。

そのため、空区画に事業所を移転して新規開拓を行う企業もあるようです。また、災害時の電源供給に地元自治体と協定ななどを結ぶところもあり、「地域貢献型メガソーラー」として注目されています。

地域貢献型メガソーラーの導入を可能にするには企業だけでなく、自治体によるサポートも大きな要因になります。しかし、企業と自治体とが「ギブ&テイク」の良好な関係を続けることで、非常時の電源を確保できるだけでなく、地域活性化にもつながることが期待できます。